Suguru Kurematsu作品「僕と猫。」

5分映像作品部門・Aブロック選考エントリー作品

※YouTubeでの公開が使用音源によりブロックされてしまったため、審査員審査のみの対象(オーディエンス投票の対象外)となりますが、ご本人がアップされた同作品の投稿がありますのでこちらをご紹介します。

■ エントリー・作品名

Suguru Kurematsu作品「僕と猫。」

■ 作品コメント

1番は、振付メインのコレオビデオ
2番からは、楽曲に合わせたコンセプトビデオ
そしてロケーションもシーンごとに変え、飽きがこない作品に仕上げました。
歌詞に合わせた演出もしているので、歌詞を聴きながら是非ご覧ください。
演者のクレジットでは、少し遊び心も入れているので注目してみて下さい。

■ 作品情報

振付:Suguru Kurematsu

撮影・編集:MOHIKAZUKI

出演:Suguru Kurematsu、AIKO FUJIWARA

使用楽曲:「猫~THE FIRST TAKE ver.~」/DISH//

■ プロフィール

Suguru Kurematsu(東京)
Flow BackやADDICTIONなど数々のアーティストの振付をし、EXO-CBXやShuta Sueyoshiなどのバックダンサーもこなす。
都内で数多くのレッスンを持ち、邦楽をメインに歌詞に合った振付を広めている。

◆ 審査員コメント

染谷誓一のアイコン画像染谷誓一

ソロダンスでありながら、構成力が高く、ストーリー性もあり、見ていて飽きない作品になっていて良かったです。

Juret Gheyretのアイコン画像Juret Gheyret

後半の部分は前半より良く出来たと感じします。内容は全体的に分かりやすいですが、前半部分の背景がもう少し変わったりすればより良くなると思います。

長濱佳孝のアイコン画像長濱佳孝

1曲を前半後半でコンセプトを変えて、ほぼソロパフォーマンスで作りきった力作ですね。楽曲の世界観を振付とダンス力で魅力的に表現されています。終盤の夕焼けを背に踊るシーンがとても素晴らしく、自然を活かしたシーンとして今回のブロックの中で一番印象に残りました。ただ、楽曲に寄り添いすぎて使用楽曲のミュージックビデオのようになってしまった印象を受けましたので、もっとこの楽曲を利用してSuguruさんならではのエゴやメッセージが前面に出た作品をもっと見てみたいと思いました。

投票する (現在 15 票 / あなたはまだこの作品には投票していません)
読み込み中...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!