雨が上がるまで / 四畳半帝国

5分映像作品部門Aブロック選考通過作品

■ 作品タイトル

「雨が上がるまで」

■ 作品コメント

僕はちっとも立派じゃない
嘘はつくし
失敗することもある
画面越しに見るような
キラキラした人生ともきっと違う
だけど
人の愛に支えられ
愛を撒きながら歩いている
雨の日だって
晴れが来るなら
踊って待てばいい
そうして僕らは
今日も面白可笑しく生きている

■ 作品情報

振付:松田拳翔、緒方孝、都築宏宗

撮影:中田トモエ

編集:星野圭志

出演:松田拳翔、緒方孝

使用楽曲:「住所不定無職低収入」/細野晴臣

■ 作者プロフィールページはこちら

あわせて読みたい
四畳半帝国
四畳半帝国■ 5分映像作品部門・Rush Aブロック選考通過クリエイター 四畳半帝国(大阪) 「四畳半にこだわりを詰め込んで、自由気ままに自分だけの帝国を築く」をコンセプトとす...

◆ 審査員コメント

伊藤今人

このダンスを映像化するならばこのやり方が最適であろうと思わせるバランスの良さでした。振付、選曲、撮影のコンセプトがぴったりハマっていて、なんとも言えないゆるさと脱力感が非常に心地よく、なぜか何度も繰り返してみたくなる子心地よさがありました。

Juret Gheyret

コンセプトと編集や演出が面白くて、凄くよくできたと思います。光の統一感が上がれば、凄くいい作品が出来ると思います。

長濱佳孝

絶妙な脱力感と実はシビアなカット割りがクセになる作品です。ロケーションにも地元愛を感じ、なにか架空のドラマ「十三物語」のオープニング(もしくはエンディング)を見ているかのような、この2人が活き活きと生活している情景が思い浮かびました。このような作風で見せるのであればもう1つ、マネしやすいキャッチーな動き(振付)を何度か取り入れてみるとよいのではと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする