ただ今5分映像作品部門Cブロック開催中、ここをクリック!

HIROfam「ここに居る」

30秒クリエイター部門・Cロック選考エントリー作品

■ 作品タイトル

「ここに居る」

■ 作品コメント

脱離するループに
遥か遠く、永遠に…
いにしえの彼方へ誘(いざな)う

※即興(表現すること)により身体から奏でる動きそのものが観る者へ伝達できるツールと考えている。
ダンスと音楽が奏でる映像即興ダンス
(作品ノートより)

■ 作品情報

振付:HIROfam

撮影・編集:HIRO

出演:HIROfam

使用楽曲:『Mo / Murcof』

■ プロフィール

HIROfam(愛知)
modern(ballet)とJAZZを融合したコンテンポラリーダンス作品を手掛け発表している。
ダンス部(高校)コーチとしてUSA世界大会(2012)のリリカル部門(balletとmodernの融合)で世界一になり、メディアの注目を浴びる。
即興から奏でるムーブメントによって独自のスタイルを築きあげ、繊細かつスピード感溢れるダンサー(振付師)として活動している。

◆ 審査員コメント

伊藤今人のアイコン画像伊藤今人

題材は良さそうでしたが、30秒で終わってない感じがしました。

染谷誓一のアイコン画像染谷誓一

ダンスもよく、映像として非常に綺麗であったが最後の終わり方を工夫すればもっと良い作品になっていた。

本多源太のアイコン画像本多源太

デジタルだから、という部分にこだわりすぎないのが良い映像。非常にクオリティが高いと思います

工藤光昭のアイコン画像工藤光昭

魅入ってしまうほど素晴らしい、身体表現を映像化するということにおいて完璧に近い美しさ! 特に0:29秒の画は、縦画面の画角・余白ともに素晴らしく、まるで絵画みたい! オチがないのが残念。

投票する (現在 411 票 / あなたはまだこの作品には投票していません)
読み込み中...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする