prejudice / 翔也N

5分映像作品部門・Cブロック選考エントリー作品

※YouTubeでの公開が使用音源によりブロックされてしまったため、審査員審査のみの対象(オーディエンス投票の対象外)となりますが、ご本人がアップされた同作品の投稿がありますのでこちらをご紹介します。

■ 作品タイトル

「prejudice」

■ 作品コメント

この作品で僕が伝えたかったこと、感じて欲しいこと。
それを理解してもらえることはできるのでしょうか?
そこの観点すらも人それぞれの考えがあるのでしょう。
反感あって良し。
共感あって良し。
そういえば
平らな世界は存在しますか…?

■ 作品情報

振付::翔也N

撮影:Unripe

編集:Ryota Iwaida

出演:Chika/kohamikk/kino/pina/エキストラ

ロケーション:足利市民プラザ/足利栗田美術館/ヴィラドゥ足利

使用楽曲:「FLAWLESS」/Beyonce

■ 作者プロフィール

翔也N(栃木)
小学1年からダンスを始め、高校ではダンス専門の学校にて多ジャンルを習得し卒業。20歳でLAに単身留学をし、帰国後は国内でのバックダンサーのみならず、海外でのWSなども行う。
今では独自の世界観を作り上げ、世界最高峰のダンスの大会world of danceの日本予選にて、日本最高得点での優勝を勝ち取った。翌年、日本人初として全米で行われたダンスの大会starbound natiotal talent competitionにて、優勝。21歳で全米制覇を成し遂げる。
地元栃木を拠点に、栃木から世界へをテーマに活動する注目の若手ダンサー。

◆ 審査員コメント

伊藤今人

かっこよかったですね。ダンスはもちろん表情も含めて演者が振り切っている感じが良かったです。クリエイターの意図をダンサー全員が共有できているのだろうなと思いました。

染谷誓一

ダンスも迫力があり、音楽とすごくマッチしてあり、もう少し長い尺で勝負できるともっとよいと思いました。

Juret Gheyret

何回も何回も見ました、特にイントロの部分。作品全体的に、緊張、情熱、迷い、決断。最高です。映像以外の力も溢れて来ていると感じます。

長濱佳孝

まず導入部分から意味ありげな描写が続き、緊張感とともに作品の世界に引き込まれます。そうやって期待値が上げられた状態で目にする本編のダンス部分も、スキルはもちろんダンサーがしっかりと俳優の如くやりきっていて圧倒されました。また、エキストラに年配の方が出演されていますが、それだけで一気に作品の世界観に広がりと深みが加わり、得体の知れない妖しげな雰囲気がダンスパフォーマンスをさらに魅力的なものにしています。とにかく世界観づくりのこだわりを強く感じました。

この作品を応援する人は↓の♥️マークをクリック(タップ)!
※投票は何作品に対しても各作品に対して1人1回まで可能です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする