えんとつ町のプペル / SHOJIN×佐藤直樹

5分映像作品部門・Cブロック選考エントリー作品

■ 作品タイトル

「えんとつ町のプペル」

■ 作品コメント

絵本「えんとつ町のプペル」の世界をダンスと共に表現しました。
振付はもちろん音楽も衣装もメイクも全て1から製作しています。
ぜひ絵本「えんとつ町のプペル」を読んでからこの作品を見てみてください。
たくさんの挑戦する人たちに届きますように。

■ 作品情報

振付:SHOJIN
撮影:株式会社ARUDE
編集:佐藤直樹

音楽チームディレクター:カケフダタクロー
アレンジ:渡辺あゆみ
ストリングスアレンジ:飯尾久香
バイオリン/ビオラ:亀井友莉
ビオラ: 渡辺あゆみ
チェロ: 飯尾久香
ピアノ:土屋恵
音楽ディレクター: 飯尾久香

レコーディング/ミックスエンジニア:鈴木惇也

照明: Dort

美術:根来美咲(青年座)
大道具:加藤保浩、佐藤秀憲、吉久直志、西田雄紀
大道具製作:有限会社シーコム
大道具統括:笹浦暢大・奥田晃平

協力:久我山工房、クリエイション、マイド、劇団青年座、株式会社KとS、株式会社コローレ

衣装: MADOKA
メイク:東城  恵太、東城  よりみ

使用楽曲:「えんとつ町のプペル」/西野亮廣(作詞・作曲)

■ 作者プロフィール

SHOJIN×佐藤直樹(東京)
〈SHOJIN〉
大手テーマパークのトップダンサーとして活躍した後、振付家に転向。
華やかなシアタースタイルを得意とし、舞台やミュージカルの振付はもちろん、CMや企業イベント、アイドル、Tik Tokといったメディア系の振付まで幅広くこなし頭脳派振付師として今各界から注目されている。
近年ではラグビーワールドカップ開会式、カリフフォルニアディズニーランド、中国国慶節の振付など、世界規模の振付も多数手がける。
講師としては日本全国でワークショップを展開し、大型ミュージカルやテーマパークへの合格者を多数輩出。日本一予約の取れないカリスマ講師として全国で人気を集める。

〈佐藤直樹〉
株式会社アルデ代表取締役を務めならが映像演出家として活動。
過去梅棒に所属し、現在もDance Company MKMDCのメンバーとしてダンサーの顔を持っている。
イベントではDANCE ALIVEやLegend Tokyo、EXPGなど数多のイベントの映像を手がけ、ステージのOPENINGなど演出している。
近年では音楽業界に活動を広げ、ゆず、SOUなどのアーティストライブの撮影や編集を手掛けている。

◆ 審査員コメント

伊藤今人

コンセプトがはっきりしていて、限られたセットの中でも見せ方を工夫することで、物語の世界観の奥行きを感じさてくれました。

染谷誓一

まるで映画を見ているような感じで、完成度は高いのですが、さらにレベル高い作品が作れる予感がします。

Juret Gheyret

衣装、メークアップ、カメラワーク、色も含めて、素晴らしいと思います!ダンスと物語は上手く融合させて、暖かい感じます。赤などハイトーンカラーの色味を少し抑えたら、より良い作品になると思います。

長濱佳孝

歌に楽器、衣裳にセットなど原曲・原作の世界観を自分たちで一から創りあげるという、非常に手間と時間と予算のかかった壮大なスケール感が伝わってきました。「えんとつ町のプペル」という既存の創作物をストレートに表現した作品ではあり、私も総評で「(表現者として競い合う場においての)作品の他者の創作物・世界観を自らの表現の土台にすることのリスク」を述べさせていただきましたが、ここまで突き抜けられると評価せざるを得ないという印象です。ただ、ここまでのものを創りあげられる実力があるので、一から世界観を創りあげてみた作品もぜひ見てみたいと思いました。

この作品を応援する人は↓の♥️マークをクリック(タップ)!
※投票は何作品に対しても各作品に対して1人1回まで可能です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする