遊戯男華 / HI-SAE

5分映像作品部門・Bブロック選考エントリー作品

■ 作品タイトル

「遊戯男華」

■ 作品コメント

ベイベー、今夜は俺と遊びに行かない?
今日の俺は君のモノだぜ。

■ 作品情報

振付:HI-SAE

撮影・編集:Tomoyuki Hirai、SHOTA

出演:GOLD MOON、KUNibow、TAKAHIRO、KAI、HIROKI、Keiji、Shiho

開場協力:W@メリケン波止場

使用楽曲:「SEXY SEXY MAMA」/CRAZY KEN BAND
「肉体関係」/CRAZY KEN BAND

■ 作者プロフィール

HI-SAE(兵庫)
神戸から生まれたFemale Lock Dancer。 6才から新体操、JAZZ DANCEの経験を経て、17才の時にLOCK DANCEに出会う。
関西を代表する女性LOCKダンスチーム「GANG☆MANISH」のダンススタイルは、今までにはないチームスタイルで全世界に衝撃と影響を与えた。
独特なリズム感、女性とは思えないパワフルさとFUNKYなダンスは高い評価を得ており、様々なコンテストやバトルで成績を残す。振付のカッコ良さの他に、彼女の作るエンターテイメントな作品は観る人をハッピーにする。
イベントオーガナイズでも軌跡を残しつつ、アフリカ大陸のジンバブエと日本ダンサーの交流や、神戸の街で行う「みなとまつり」のイベントでダンス企画を担当するなど、ストリートダンスから社会を盛り上げる企画も手掛け、神戸のシーンにはなくてはならない最重要人物となった。
先見の目を持ちながら、今もなお様々なシーンで活動中。
アパレルブランド「VARIOUS」も立ち上げ、多方面に活躍中の彼女。
「DanceもLifeもFUNKYに!」がモットーの彼女の成長は止まらない。

◆ 審査員コメント

AKIHITO

前半にLOCKのカラーを全面に引き出し
後半に王道でキレのあるルーティン
オーイェーアーで締め。
バランスが取れていて、とても見応えがありました!

長濱佳孝

 ゆったりとしたムーディーな楽曲に合わせた前半に、スピーディーな動きで見せる後半と、ロックダンスのオシャレさや色気、かっこよさや楽しさなど、ロックダンスの魅力を十分に伝えてくれる作品になっていると思います。小道具の使い方もこのジャンルならではのものがあり、シチュエーションとダンスを組み合わせるバランスがくて見やすかったです。
 緩急の付け方も上手く、非常にショー作り慣れされているのが伺えました。映像作品としても前半から意味ありげに下半身だけ映されている女性の印象を仕込み、オチとして締める作り
観る人を楽しませたいという想いが伝わってきました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする