Revolution/Be Myself / Shota

5分映像作品部門・Bブロック選考エントリー作品

■ 作品タイトル

「Revolution/Be Myself」

■ 作品コメント

これから自分はどこに行くのだろう。
終わりのない旅の中で自分を前進させるのはただ自分を革命していくことだけである。
周りに影響されずに突き進んで行くことしかできない自分に世間はどのような決め付けをするのだろうか?
Where am I going from this point?
During this never ending journey, the only thing that moves me forward is the action of constantly revolutionizing myself and changing myself from the inside out.
Does society judge me for always pushing forward without ever being influenced by others?

■ 作品情報

振付:Shota

撮影・編集:Teruhiko Hotta

出演:Shota

アニメーション制作:斉藤えま

ロゴデザイン:青山はやて

写真:島田智世

使用楽曲:「Femme Fatale」/中王区 言の葉党

■ 作者プロフィール

Shota(ニューヨーク)
幼少期よりジャズダンスを中心にバレエ、HipHop、タップ、モダンダンス、コンテンポラリーなど幅広く学ぶ。
日本最大のジャズダンスコンクールである全国JDAダンスコンクールで高校3年間連続1位を取り続け、グランプリ賞を最年少で受賞。
高校卒業後、19歳から現在、ニューヨークの有名ダンス大学SUNY Purchaseに入学し、モダンダンス、コンテンポラリー、バレエを中心に意欲的に学んでいる。
独自の世界観と身体能力を存分に活かしたスタイルが特徴の若手ダンサー
現名倉ジャズダンススタジオカンパニーメンバー

◆ 審査員コメント

Juret Gheyret

素晴らしいカメラワークです、人物とカメラのコミュニケーションもたっぷりです。編集ポイントも素晴らしいです。もう少し物語が強くなったらより良い作品になると思います。

長濱佳孝

非常にスキルフルでソロパフォーマンス映像ながら見ていて飽きませんでした。ロケーションもニューヨークでしょうか? 日本にいる身からすると全体的に暗い画面も〝海外の夜の街〟という雰囲気たっぷりで映画を見ているかのような洗練された印象です。もう1つなにか展開や工夫を込めた、もう少し長い作品を見ていたいと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする