硬影-koukei- / Dort

5分映像作品部門・Bブロック選考通過作品

■ 作品タイトル

「硬影-koukei-」

■ 作品コメント

選べない、何もかも。
敷かれたレールに乗って
柵のなかだけで生きろと
突き刺さる視線
監視される行動
酸素は、どこにあるんだ
自分は、どこにいるんだ
心臓の音だけが
命を絶やすなと
あがいて、あがいて、
解き放て、すべての影を
無風に折れるか
暴風雨に狂うか
まだ選べる、何もかも。

text by narumi

■ 作品情報

演出: Junya Honda (Dort)

振付: Jenes

撮影・編集:Masahiro Karube、Kodai

出演: Jenes

使用楽曲:「Summer time blue」/ lance conrad
(オリジナル楽曲)

■ 作者プロフィールページはこちら

あわせて読みたい
Dort
Dort■ 5分映像作品部門・Rush Bブロック選考通過クリエイター Dort(神奈川)ダンス照明をメインに手掛けている、ライティングデザイン会社です。このクリエイターに仕事を...

◆ 審査員コメント

伊藤今人

ダンサーがスキルで押すわけではなく、テーマに沿った抑えた踊り方をしているのが好印象でした。光と鏡という撮りたいテーマがはっきりしていて。根本的に動画としてのクオリティが高い。やっていることのシンプルさが際立っていて良かったです。

AKIHITO

なにをとってもレベルが高い作品でした!
ライティングとダンサー、カメラワークのバランスも絶妙で、最後のクレジットで物凄く渋く感じてしまうぐらい、完成されていた作品だったかと思います。

染谷誓一

ダンスと照明がうまくマッチしていたがソロということもあり、少し時間が短く、構成を検討するればもっと良い作品になると思います。

鈴木秀

ダンスと光の融合、リアルでもこの空気感を味わってみたいです。

Juret Gheyret

光と人物、共に創作をしている様子です。編集やアイディアも非常に素晴らしいと思います。

長濱佳孝

まさに〝上質な〟という形容詞がピッタリの、あらゆる要素が研ぎ澄まされている作品でした。「ダンサーと他分野のクリエイターが手を組むとこんなに面白い作品が創れる」という1つの証明になったと思いますし、「ダンスの映像作品」というものの可能性をさらに感じさせてもらえました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする