UNVISION作品「BORN」

5分映像作品部門・Aブロック選考エントリー作品

■ エントリー・作品名

UNVISION作品「BORN」

■ 作品コメント

この作品では、音楽や人間の動きに合わせてプログラミングし正確にLEDを光らせています。
舞台セットや衣装など全て1から製作し、光の屈折を利用した映像編集の力ではなく現実でダンサーを隠す、出現させる仕組みなどのアイデアも入れ込んでいます。

■ 作品情報

振付:GENDAI

撮影・編集:GENDAI、さんほん

衣装:RYOTA、Leon、ゆかぼん

スタッフ:MASAKIMEN、Haru、柊斗、Ko、REN、りょーた

出演:KoTa、MahiroOKabe、まーと、Akira、Enoken.、ゆかぼん、Leon、KAiMiWA、HIBIKI

使用楽曲:「born」/GENDAI
(オリジナル楽曲)

■ プロフィール

UNVISION(東京)
都内を中心に様々なエンターテイメント界で活動するオリジナルアニメーション、フリースタイルダンスチーム「UNVISION」。
テクノロジーの融合や唯一無二の表現方法を得意とし、ダンスだけにとらわれないアート作品を生み出すパフォーマンス集団。

◆ 審査員コメント

伊藤今人のアイコン画像伊藤今人

映像のコンセプト、振付、選曲など隙がなくバランスの良い作品でした。しっかりとした世界観も確立されていて、もう一度見たくなる作品でした。もうひと盛り上がり、何か驚きを与えてくれる要素があるとより良かったかなと思います。

AKIHITOのアイコン画像AKIHITO

未知な世界観の中でも期待以上の見せ方が出来るのは、自信や技術があってこそだと思います! その強みが作品の中に沢山散りばめられており、凄く見応えがあって何より前衛的な作品で面白かったです!

染谷誓一のアイコン画像染谷誓一

映像としての利点を活かした作品に仕上がっていると思います。

Juret Gheyretのアイコン画像Juret Gheyret

コンセプトと編集がすごく良いと思います。色味のトーンも統一感もあり、アイディアが素晴らしいです。

長濱佳孝のアイコン画像長濱佳孝

細部が作り込まれていてSF映画のような作品の世界にすんなりと没入させてくれました。魅せる技術の総動員というか、最初の〝絵〟としてのインパクトが素晴らしい。ただそれ故に「これからどうなるんだろう!?」という期待感が先立ってしまい、最後までにもう1つ山場というか1つアイディアが欲しかったです。

投票する (現在 174 票 / あなたはまだこの作品には投票していません)
読み込み中...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!