ただ今5分映像作品部門Cブロック開催中、ここをクリック!

WILD FANCY / ASUKA Yazawa

5分映像作品部門・Aブロック選考エントリー作品

■ 作品タイトル

「WILD FANCY」

■ 作品コメント

ANIMATION × DANCE 映像作品。
WILD FANCY=妄想…自分らしく進みたい一方で、「こうだったらいいのに」「あの人が羨ましい」と思う自分。理想をアニメーションや砂漠などで描写し、現実とのギャップを、POPで楽しく表現した。

■ 作品情報

振付:ASUKA Yazawa

Director(撮影 兼 編集):Kota Watanabe

Hair & Make up : Tatsuya

Illustration:hyacco

Lighting Director : Ryoma Nishimura

出演:ASUKA Yazawa、蒼依、Hazuki、美咲、RIKAKO

使用楽曲:「I Wish ft. T.I.」/Cher Lloyd

■ 作者プロフィール

ASUKA Yazawa(東京)
幼少期にモダンバレエを始め、その後ヒップホップやジャズを中心に様々なダンスジャンルに触れる。大学は青山学院大学に進み、学問とダンスの仕事を並行。幼稚園及び小学校の教員免許を取得。卒業後、本格的にダンサーの道へ。プレイヤーとしての活動を続けながら、振付やレッスンなど、指導にも力を入れていて、定評がある。現在様々な形でダンスに関わりながら、モデルやライターなどの、ダンスとは別の表現活動も、少しずつ広げている。

◆ 審査員コメント

AKIHITOのアイコン画像AKIHITO

作品全体のカラーと、ダンス×アニメーションがマッチしており自然体でとても良かったです! 終盤の一瞬場面が変わる瞬間だけ、具体的な分かりやすい表現として伝わると、もっと良くなると感じました!

Juret Gheyretのアイコン画像Juret Gheyret

CGと照明が素晴らしいと思う、編集は非常に良いです。カメラワークの目的がもっと明確にすれば良くなると思います。

長濱佳孝のアイコン画像長濱佳孝

ダンスをアニメーション加工した意欲作ですね。とても前衛的で新鮮な衝撃もあったのですが、どちらかというと技術の目新しさに目が行ってしまい「なぜこういう表現をしたのだろう?」という意味付けが明確に伝わってきたらもっと、何倍にも素晴らしくなると思います。この表現は唯一無二になると思いますので、この表現でなければいけない理由、この表現でなければ伝えられないテーマを突き詰めた作品を見てみたいです。

投票する (現在 117 票 / あなたはまだこの作品には投票していません)
読み込み中...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このページをシェアする