(2016.8.25更新)Chapter.6大会審査結果表&Chapter.7 大会シード権保持作品公開!


(2016.8.25更新)Chapter.6大会審査結果表&Chapter.7 大会シード権保持作品公開!lt6_result

 

※2016.8.25更新
8/17に公開しました上記審査結果表に関しまして、一部誤りがございました。
一部、大会当日に審査結果として集計した審査シートではなく、書き損じの審査シートの内容を元に上記表を作成してしまっていたため、誤った審査ポイントが審査結果表として公開されておりました。
御関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。
(尚、既に公開されているシード権保持作品に変更はございません)

 

 

上記の結果により、Chapter.7大会における本戦出展シード権保持作品は下記の通りとなります。

【Chapter.7】本戦出展シード権保持コレオグラファー

・『Chapter.4』審査員評価シード

じゅんじゅん、KUJIME、SUN

・『Chapter.5』審査員評価シード

Anthony Hutchinson、Fly Six B、AMI、MASAMI、Ruu

・『Chapter.6』審査員評価シード

akane、KANAMI、SHOJIN、ER’S RYOJI、BEZI、BLENDA、ZAZA、CONiY、Cai Xiaoqiang、WVE、Yae.Saya、CHEW、TSUBASA、NATSUKO、YUKO&SAYAKA、MIWA

・〝Legend〟シード

長谷川達也(Chapter.1 レジェンド)、梅棒(Chapter.2 レジェンド)
WREIKO(Chapter.3 セミレジェンド)、Twiggz(Chapter.3 レジェンド)
avecoo(Chapter.4 セミレジェンド)、Memorable Moment(Chapter.4 レジェンド)
HIDEBOH(Chapter.5 セミレジェンド)、Seishiro(Chapter.5 レジェンド)
MAR(Chapter.6 セミレジェンド)

 

 

※過去大会結果からChapter.7大会へのシード権を複数保持しているコレオグラファーに関しては、直近の大会結果によるシード権を表記しております。

 

 

※『Legend Tokyo』シード権獲得に関するルールについて

本大会では、下記の3つの分類でシード権を獲得するものと定めています。

1.審査員評価シード

審査員評価の上位5作品(Chapter.5大会は各部上位3作品、Chapter.6大会は上位6作品に選ばれた作品、また特別選定賞に選ばれた作品は翌大会まで。
審査員賞(Chapter.5大会は殊勲作品賞も含む)に選ばれた作品は翌3大会まで、本戦出展シード権を得るものとする。

 

2.『Legend NEXT』シード

次世代コレオグラファー育成プログラム「Legend NEXT」参加の要請を受け、プログラムを実施した作品は、プログラム実施時期以降の直近で開催する『Legend Tokyo』本戦出展のシード権を得るものとする。

 

3.〝Legend〟シード

過去大会の最優秀作品賞(レジェンド)受賞作品は永久シードとし、優勝大会の翌々大会より参加可能とする。

また、準優勝(セミ・レジェンド)受賞作品も永久シードとし、翌大会より参加可能とする。

 


ニュース履歴





















上記以前のニュース履歴については、右側の「ARCHIVE」からご確認ください